食事の介護

食事の介護

人は生命活動に必要なエネルギーを食事をすることによって自ら生み出します。


これは食物から栄養素を吸収することにより生み出します。


私達は普段当たり前のようにこれを行っていますが、消化器系や脳神経、排泄系の疾患によってこれが困難になることがあります。


また摂取する部分が不慮を起こして消化・吸収・代謝に障害が生じることがあります。


さらには勝つ同僚の低下やストレスによって食欲が減退することもあります。


このような場合無理に患者に食事を促すのは難しいことです。


必要に応じて食物の形態を変えたり、好みのものを食べさせるなども大事なことです。


また栄養のバランスなども考えなくてはなりません。


経口摂取が不可能な場合がありますそのときは経腸栄養法、中心静脈栄養法によって栄養を保存させる方法がありますが、できる限り口から物を食べるようにしてください。


それが消化器を通って吸収されて代謝されることが自然治癒力を促進して回復することへとつながるからです。
| 介護