食事の栄養面以外での意義

食事は生理的に必要な行動でありますが、それ以外の役目も持っています。


心理的に満足感をえることもできますし、生きる意欲につながったりします。


また、文化的な意義や会食など社会的な意義も持ち合わせています。


個人の日常生活の食生活を通じて患者の個性に合わせた食事の援助ができるようになるでしょう。


介護者が気をつけなければならないポイント

 1患者がきちんと食事をとって吐いたり戻したりしないようにする。

 2経口摂取によって食事の摂取量がある一定量確保でき、栄養状態が安定できる

 3水分を与えて脱水状態にならないように気をつける。

 4食事を消化に良い体勢で行えるようにする。

 5できるだけ自力で摂取できるように努力させる。
| 介護